イタリアピエモンテ[Piemonte, Monforte D’Alba]
ドメニコ・クレリコ
Domenico Clerico
言わずと知れたモダン・バローロ立役者の探究心は今も止まることはない

ロータリー・ファーメンターでの発酵やフレンチオークのバリック熟成など、モダン・バローロの礎を築いたドメニコが造るワインは国内外にバローロの代名詞として名を馳せる

INTRODUCTION
生産者のご紹介
新しいスタイルの確立

バローロ・ボーイズのトップ生産者のひとりであるドメニコ・クレリコはパオロ・スカヴィーノと共に凝縮感があり力強いバローロの代表としてマルク・デ・グラツィア・グループをけん引してきた。現在に至っても存在感は絶大であり、ロバート・パーカーが5ツ星評価を与えるなどバローロ・ボーイズの枠組みを外したところでも偉大なバローロの生産者として位置づけられている。代々モンフォルテでブドウ栽培を生業とする家系に生まれたドメニコは、1976年にワイナリーを設立し元詰めを開始。セラーで様々な実験的醸造を行うだけでなく、他の生産者のワインを試飲し、情報交換を行い、独学にて自らのワイン造りを模索した。中でも、彼のワイン造りの指標を決定づけた最も重要な要素のひとつはバリックである。1970年代には大樽のみでワインを造っていたが、バリックでの醸造を学ぶべく1981年にエリオ・アルターレとともにブルゴーニュを訪問。ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティでの試飲では、新樽を使っているにも関わらずバレルサンプルですらオークの味がしなかったことに衝撃を受け、ブルゴーニュから帰るとすぐに樽の研究に没頭した。試行錯誤の末、1983年にドメニコ初のバリック熟成のワインとなるアルテをリリース。クレリコの代名詞ともいえるバリックを用いるモダン・バローロのスタイルを確立した。また、ドメニコはこれらの過程で得た経験や知識を内に秘めるのではなく、惜しげもなく周囲の生産者に教えた。ロータリー・ファーメンターでの発酵やバリックでの熟成など現在バローロで広く用いられている手法を普及させ、バローロのクオリティ向上に一役買ったその功績は偉大である。

進化しつづける

「ワインの質の90%は畑で決まる」という信条から、狂信的な程の情熱で畑作業に献身し、父親から受け継いだ5haに満たない畑に加え、徐々に買い足したジネストラ、モスコーニといったモンフォルテの名だたるクリュから20年以上に渡って目を見張るような見事なワインを造り続けてきたクレリコだが、その探究と向上は止まるところを知らない。 2006年からは長年の夢だったというセッラルンガの畑からのバローロ造りをスタート。2009年からはそれまで存在しなかった早くから楽しめるネッビオーロ100%のワインも手掛けるようになった。また、ポテンシャル重視ではなくバランス重視のワインを目標とし、近年ではマセラシオンの期間を長くしたり、新樽100%での熟成を撤回するなど、設立以来培った経験からどうすれば目指すワインに達することができるかを導き出し、それに適切な方法を常にワイン造りに反映している。既に名声が確立された老舗生産者だが、変化を厭わず日々進歩を続ける姿勢にワイン・アドヴォケイトをはじめ専門各誌から惜しみない賛辞を受けている。2017年7月、ドメニコ・クレリコの訃報が届きワイン界に深い悲しみを残した。67歳という若さでこの世を去った彼に対し、ガンベロ・ロッソやワインスペクテーターをはじめ各紙から哀惜の念に堪えないと声が寄せられた。 現在は品質・スタイル一切変わることなく同じチームのメンバーが踏襲し、 クレリコが目指していた高みに到達すべく邁進している。今後もますます目を離すことができない。

WINERY DATA
ワイナリーデータ
醸造責任者
Gian Matteo Raineri & Oscar Arrivabene
栽培方法
オーガニック栽培だが認証は取っていない。畑に生えている植物を一緒に耕して肥料にしている。
ワインメイキング
ロータリー・ファーメンターで温度管理をしながらマセラシオンと発酵を行う。
ITEM LIST
アイテム一覧
ランゲ・ドルチェット ヴィサーディ

2018 Langhe Dolcetto Visadi

初ヴィンテージ1979年。モンフォルテに所有する様々な区画のブドウから造られており、1950年に植樹された古樹のブドウも用いられている。爆発的に広がる様々なフルーツを詰め込んだ凝縮した果実がパワーをもたらし、クリーンかつミネラリーな香りがワインに生き生きとした味わいと余韻の長さを与えている。ボディ豊かなグラマラスなドルチェット。

評価の見方
種類
Red
産地
D.O.C. Langhe Dolcetto
ブドウ品種
ドルチェット100%
醸造・熟成
ステンレスタンク12ヶ月
アルコール度数
13%
希望小売価格税抜き
2,700
お問い合わせはこちら
バルベーラ・ダルバ トレヴィーニェ

2017 Barbera d’Alba Trevigne

初ヴィンテージ1979年。現在ではモンフォルテにある5つの畑のブドウを用いているが、元々3つの畑のブドウから造られていたため『3つの畑』という意味をもつキュヴェ名が付けられた。表情豊かに層をなす赤いベリー系果実や花、甘いスパイスの芳香。滑らかでジューシーな果実にエレガントな酸のバランスが素晴らしい。バルベーラの魅力を再認識する非の打ちどころがない贅沢な逸品。

評価の見方
種類
Red
産地
D.O.C. Barbera d’Alba
ブドウ品種
バルベーラ100%
醸造・熟成
フレンチオーク
アルコール度数
14.5%
希望小売価格税抜き
4,250
お問い合わせはこちら
ランゲ・ネッビオーロ カピズメ・エ

2018 Langhe Nebbiolo Capisme E

初ヴィンテージ2009年。クレリコのネッビオーロの素晴らしさを知るのにうってつけの新たなワイン。海抜250mにある南西向きのバローロの畑サン・ピエトロのネッビオーロから造られている。イチゴやチェリー、プラムなどの甘く力強い果実。柔らかなタンニン豊かな味わいはゴージャスかつエレガント。尚、同じネッビオーロ100%でも長期熟成のバローロではなく、早くから楽しめて理解してもらえるワインであることを示すため「私を分かって下さい!」という意味を持つキュヴェ名となった。

評価の見方
種類
Red
産地
D.O.C. Langhe Nebbiolo
ブドウ品種
ネッビオーロ100%
醸造・熟成
ステンレスタンク
アルコール度数
希望小売価格税抜き
4,900
お問い合わせはこちら
バローロ

2015 Barolo

初ヴィンテージ2011年。ドメニコ・クレリコの集大成として生まれたノーマル・バローロ。クリュ・ジネストラ主体にクリュ・モスコーニをブレンド。クオリティを高めるべく、これまで以上にクリュ・バローロの選果を厳しくしたため、このワインにはかつてのクリュ相当のブドウが使われている。チェリーやプラムなどのジューシーな果実、タバコ、革、スパイスの香り。厳格なタンニンを備えた堅固なストラクチャー。フィニッシュは長く力強い。クレリコが根差すモンフォルテを総合的に体現したバローロ。

評価の見方
種類
Red
産地
D.O.C.G. Barolo
ブドウ品種
ネッビオーロ100%
醸造・熟成
バリック(新樽20%)16ヶ月後、スラヴォニアンオークの大樽(50hl)16ヶ月
アルコール度数
14.5%
希望小売価格税抜き
7,250
お問い合わせはこちら
バローロ パヤナ

2015 Barolo Pajana

初ヴィンテージ1990年。モンフォルテの東側斜面で最も名高いクリュ・ジネストラは2箇所に分かれているが、このワインにはパヤナの集落側の区画のブドウが用いられている。海抜300mの南向き斜面で、砂が混ざった凝灰岩と粘土泥灰岩の混合土壌から華やかなキャラクターが与えられる。凝縮した果実は非常に表情豊かで、終始一貫ゴージャスかつエレガント。広がりのあるボディと果実味豊かな味わいが魅力の外交的なバローロ。

評価の見方
種類
Red
産地
D.O.C.G. Barolo
ブドウ品種
ネッビオーロ100%
醸造・熟成
バリック(新樽20%)16ヶ月後、スラヴォニアンオークの大樽(40hl)16ヶ月
アルコール度数
希望小売価格税抜き
13,500
お問い合わせはこちら
バローロ チャボット・メンティン

2015 Barolo Ciabot Mentin

初ヴィンテージ1982年。モンフォルテの東側斜面で最も名高いクリュ・ジネストラは2箇所に分かれているが、このバローロは海抜400m-450mの南東向き斜面のジネストラの集落側のブドウから造られる。熟した色の濃いプラム、スミレ、甘いスパイス、ミネラルが幾重にも層をなす香りに続き、口の中を満たすのは凝縮した深みのある果実と厚く滑らかなタンニン。パワフルかつ厳粛な男性的バローロ。

評価の見方
種類
Red
産地
D.O.C.G. Barolo
ブドウ品種
ネッビオーロ100%
醸造・熟成
バリック16ヶ月(新樽20%)後、スラヴォニアンオークの大樽(50hl)16ヶ月
アルコール度数
14.5%
希望小売価格税抜き
13,500
お問い合わせはこちら
バローロ ペルクリスティーナ

2008 Barolo Percristina

初ヴィンテージ1995年。パワーとバランスの調和と厚みがあり豊富なテクスチャーとタンニンをもたらすクリュ・モスコーニから生まれたクレリコのフラッグシップ。クリュ・ジネストラのバローロよりもタンニン量が多くストラクチャーもしっかりとしているので、ワインに滑らかさを与えるため通常よりも長い熟成を経てリリースされる。バラの花や赤の果実を思わせる甘い香り。堂々たる味わいには偉大なバローロに必要な要素が全て詰まっている。畑の元の所有者クリスティーナに敬意を表し、また夭折した愛娘クリスティーナに捧げるキュヴェとしてこの名が付けられた。

評価の見方
種類
Red
産地
D.O.C.G. Barolo
ブドウ品種
醸造・熟成
アルコール度数
希望小売価格税抜き
20,000
お問い合わせはこちら
バローロ アエロプラン・セルヴァイ

2015 Barolo Aeroplan Servaj

初ヴィンテージ2006年。ドメニコが長年夢見ていたセッラルンガからのバローロの畑は海抜450mの南東向き斜面にあり、銘醸畑カッシーナ・フランチャの近くに位置する。クレリコのモンフォルテのバローロと同様に豊かなボディとしっかりとしたストラクチャーを備えているが、タンニンはよりエレガントで女性的なスタイルである。尚『野生の飛行機』という意味を持つキュヴェ名は、手に負えない腕白坊主だった幼少頃のドメニコに父親が与えたニックネーム。その名は6種類の異なるラベルにも表現されている。特製木箱入りの6本セット。(※表示価格は、6本セットの価格です※)

評価の見方
種類
Red
産地
D.O.C.G. Barolo
ブドウ品種
ネッビオーロ100%
醸造・熟成
バリック16ヶ月(新樽20%)後、スラヴォニアンオークの大樽(30hl)16ヶ月
アルコール度数
14.5%
希望小売価格税抜き
お問い合わせください
お問い合わせはこちら
評価の見方
WAワイン・アドヴォケイト
WSワイン・スペクテイター
Vinousヴィノス
JRジャンシス・ロビンソン
Decanterデカンタ
MBマイケル・ブロードベント
AMアラン・メドー
RJリチャード・ジューリン
Gault Milauゴー・ミヨ
Eichelmannアイヒェルマン
Falstaffファルスタッフ
Vinariaヴィナリア
GRガンベロ・ロッソ
SWスロー・ワイン
BIビベンダ
ESエスプレッソ
LVヴェロネッリ
GPギア・ペニン
GGギア・グルメ
  • 国際的な評価誌、評論家