フランスブルゴーニュ

サントネ プルミエ・クリュ クロ・フォバール

2018 Santenay 1er Cru Clos Faubard

サントネの中でも、深みと複雑味を備えたワインを生むといわれるシャサーニュ側のエリアに位置するプルミエクリュ。斜面上部にあり海抜は300mと高いが、その名の通り石の塀に囲まれているため、ミクロクリマは暖かい。土壌はやせており、石灰岩を多く含む。ドメーヌでは1万本/haという密植でブドウを植えている。赤系ベリーのトーンの高いアロマ。リッチで丸みのある果実と、鋭角的なミネラル。ディティールに富むピュアでエレガントな味わい。

Lucien Muzard

リュシアン・ミュザール

注目の産地サントネのスター生産者の一人畑とブドウの良さを自然な抽出で引き出したワインは、今、ガストロノミーで求められているワインそのもの詳しく見る
種類
Red
産地
Santenay 1er Cru
ブドウ品種
ピノ・ノワール100%
醸造・熟成
コンクリートタンクで発酵、バリック70%(新樽30%)、フードル30%で12ヶ月熟成
アルコール度数
13%
希望小売価格税抜き
5,300
お問い合わせはこちら
評価の見方
WAワイン・アドヴォケイト
WSワイン・スペクテイター
Vinousヴィノス
JRジャンシス・ロビンソン
Decanterデカンタ
MBマイケル・ブロードベント
AMアラン・メドー
RJリチャード・ジューリン
Gault Milauゴー・ミヨ
Eichelmannアイヒェルマン
Falstaffファルスタッフ
Vinariaヴィナリア
GRガンベロ・ロッソ
SWスロー・ワイン
BIビベンダ
ESエスプレッソ
LVヴェロネッリ
GPギア・ペニン
GGギア・グルメ
  • 国際的な評価誌、評論家