イタリアトスカーナ

サンタンティモ・ロッソ

2011 Sant’Antimo Rosso

モンタルチーノ地区で栽培されるカベルネやメルロなど国際品種メインで造られ『モンタルチーノのスーパータスカン』に位置づけられるD.O.C.がサンタンティモ。様々なベリー系果実のコンポートを思わせる凝縮した果実味にシルキーなタンニン。スケールの大きく、濃厚かつ柔らかな味わいが魅力的。

Lecciaia

レッチャイア

優れたテロワールから得られるブドウを伝統的な大樽を用い、シンプルにそのまま表現クラシックでナチュラル、自然体で飲めるスタイルで、コストパフォーマンスに大変優れた生産者である。詳しく見る
種類
Red
産地
D.O.C. Sant’Antimo
ブドウ品種
サンジョヴェーゼ・グロッソ34%、カベルネ・ソーヴィニヨン33%、メルロ33%
醸造・熟成
ステンレスタンクで発酵、スラヴォニアオークの大樽&バリック18ヶ月以上熟成
アルコール度数
14%
希望小売価格税抜き
2,300
お問い合わせはこちら
評価の見方
WAワイン・アドヴォケイト
WSワイン・スペクテイター
Vinousヴィノス
JRジャンシス・ロビンソン
Decanterデカンタ
MBマイケル・ブロードベント
AMアラン・メドー
RJリチャード・ジューリン
Gault Milauゴー・ミヨ
Eichelmannアイヒェルマン
Falstaffファルスタッフ
Vinariaヴィナリア
GRガンベロ・ロッソ
SWスロー・ワイン
BIビベンダ
ESエスプレッソ
LVヴェロネッリ
GPギア・ペニン
GGギア・グルメ
  • 国際的な評価誌、評論家