イタリアマルケ[Marche, Ripatransone]
シモーネ・カペッチ (サン・サヴィーノ)
Simone Capecci (San Savino)
マルケの土着品種ペコリーノを牽引する第一人者

マルケの白の土着品種ペコリーノを現代に復活させ、マルケのペコリーノとして初めてのトレビッキエリを獲得。ペコリーノの第一人者として揺るぎない地位を築いている。

INTRODUCTION
生産者のご紹介
ペコリーノの衰退

”ペコリーノを主体とした白の品質向上に注目が集まるマルケ州。2011ヴィンテージで、この品種を用いたオッフィーダのアペラシオンがD.O.C.G.に昇格した。カペッチ家が運営するサン・サヴィーノはガンベロ・ロッソでこの躍進の「けん引役」と称されるペコリーノのトップ生産者だが、この造り手がいなければ、いまだにペコリーノはD.O.C.G.たりえなかった可能性についてはあまり知られていない。ペコリーノは、8月末~9月中旬に収穫される早熟の品種で、熟すのが早くても、糖・酸ともにしっかりのったブドウが得られる。羊がこのブドウを食べるのを見たローマ人がワインを造りはじめた、ともいわれる歴史あるブドウだが、近代に入り、10月初旬に一斉にブドウを収穫するスタイルが取られるようになると、早熟で皮が薄いペコリーノは腐りやすい駄目なブドウとして扱われ、植え替えられるようになった。更に、自然と収量が低くなる性質から、1980年代のワインブーム時にはより多産の品種に改植されてしまった。19世紀末のフィロキセラのせいで、元々のブドウの数が少なかったことも影響したと推測されるが、1990年代頃にはペコリーノは原産地のマルケの生産者さえほとんど知らない存在になってしまったのである。”

復活への努力

”ペコリーノが姿を消した当時のサン・サヴィーノ当主ドメニコ・カペッチもこのブドウについての知識はなかった。しかし、ドメニコはある日、内陸の村アルクアータの標高700mを超える山の上のワイナリー跡地に、樹齢100年の土着ブドウの古樹が現存しているという噂を耳にし、興味をかきたてられた。「この土着ブドウのポテンシャルがどれほどのものか知りたい」。彼は、一個人の趣味ではなく、マルケに受け継がれたペコリーノのポテンシャルを公明正大に証明しようと決め、この古樹からマサルセレクションで約80km離れた自分の畑に接ぎ木した。1990年にマルケ州政府の支援を受けた彼は、トレビアーノやシャルドネ、リースリングなど、国内外の主要な白品種との比較実験を開始。栽培はサン・サヴィーノが、醸造・分析はマルケ州が担当した。州政府の後ろ盾のおかげでつぶさにブドウを観察し、成分分析を行い、詳細なデータを得ることができた。3年に渡る実験の結果、ペコリーノには優れた白を生み出すポテンシャルがあることが判明。ドメニコは本格的に『失われたブドウ』ペコリーノのワイン造りに取り組んだ。この品種について十分な知識を持つ者がいない中、先駆者として相当の苦労があったことは想像に難くない。しかし、その情熱は息子であり現当主のシモーネに受け継がれ、彼がペコリーノから生み出したチプレアは、2008ヴィンテージでマルケのペコリーノ初のトレビッキエリに輝いた。マルケの白品種として、名実ともにこのブドウの復活が認められた瞬間である。”

豊かさが溢れる

現在では25haの自社畑のうち、8haにペコリーノが栽培されている。標高250-300m、遠くアドリア海を望む急斜面に位置する畑では、他にもモンテプルチアーノやサンジョヴェーゼなどの土着品種が植えられている。これらのブドウを用いた赤は、当主のシモーネのおおらかな人柄を反映したかのような豊かな果実と肉付きの良いストラクチャーが魅力である。最良年にしか生産されない赤のトップキュヴェ、クインタ・レジオは、2ヴィンテージ連続でルカ・マローニにより赤ワイン部門のトップ3に選ばれている。

WINERY DATA
ワイナリーデータ
醸造責任者
Simone Capecci
栽培方法
ビオロジック
ワインメイキング
白では発酵後、澱と共に熟成。赤では発酵後、バリックで熟成。
ITEM LIST
アイテム一覧
トゥフィッラ

2018 Tufilla

トゥフィッラの名前の由来は16世紀に遡り、アスコリ・ピチェーノ市への出入り口の1つであるポルタ・トゥフィーラから来ている。レモンやグレープフルーツなどの柑橘系の心地良いアロマ。力強い果実味と清涼感のあるハーブのニュアンスが口の中を包み込み、フレッシュな酸が上品な余韻へとつながる。

評価の見方
種類
White
産地
I.G.P. Marche Passerina
ブドウ品種
パッセリーナ100%
醸造・熟成
コンクリートタンクで澱と共に5ヶ月
アルコール度数
12.5%
希望小売価格税抜き
2,300
お問い合わせはこちら
チプレア

2018 Ciprea

羊(Pecora)が好んだため、「ペコリーノ」と名付けられたこの品種の発祥の地とされるアルクアータの山中に現存する樹齢100年の古樹からマサル・セレクションで植樹。熟した黄色い果実のフルーティさや、セージやオレガノ等のハーブのフレッシュさが香る。複雑な柑橘系の味わいは力強く、いきいきとした酸も備えている。

評価の見方
種類
White
産地
D.O.C.G. Offida
ブドウ品種
ペコリーノ100%
醸造・熟成
コンクリートタンクで澱と共に7ヶ月
アルコール度数
13%
希望小売価格税抜き
2,800
お問い合わせはこちら
ピクス

2017 Picus

チェリーやプラムのリッチな香りの中には、シナモンやリコリスなどの甘いスパイスのニュアンスも。赤や黒の果実に溢れ、タンニン・酸のバランスが良い。マルケらしい力強さを備えたワインで、過去にスローフード協会からベスト・デイリーワインとして表彰されるなど、専門誌からの評価も毎年高い。名前の由来はピチェーノ地方の文明のシンボルでもあるキツツキ。

評価の見方
種類
Red
産地
D.O.C. Rosso Piceno Superiore
ブドウ品種
醸造・熟成
フレンチオークのバリック12-15ヶ月(新樽30%)
アルコール度数
13.5%
希望小売価格税抜き
2,650
お問い合わせはこちら
クインタ・レジオ

2015 Quinta Regio

初ヴィンテージの2000と2001と立て続けにトレビッキエリを獲得し、一躍脚光を浴びた最上級キュヴェ。ブラックチェリーやブラックベリー、チョコレート、黒いスパイスに加え、ほのかな樽のニュアンスを感じる複雑で重厚な香り。活気あふれる肉厚な完熟果実がどっしりと構えるタンニンに支えられたフルボディで、スケールの大きさに圧倒される。モンテプルチアーノの可能性を最大限に引き出したこの芸術品は、世界中で引く手数多である。

評価の見方
種類
Red
産地
D.O.C.G. Offida Rosso
ブドウ品種
モンテプルチアーノ100%
醸造・熟成
フレンチオークのバリック24ヶ月(新樽100%)
アルコール度数
14.5%
希望小売価格税抜き
5,600
お問い合わせはこちら
評価の見方
WAワイン・アドヴォケイト
WSワイン・スペクテイター
Vinousヴィノス
JRジャンシス・ロビンソン
Decanterデカンタ
MBマイケル・ブロードベント
AMアラン・メドー
RJリチャード・ジューリン
Gault Milauゴー・ミヨ
Eichelmannアイヒェルマン
Falstaffファルスタッフ
Vinariaヴィナリア
GRガンベロ・ロッソ
SWスロー・ワイン
BIビベンダ
ESエスプレッソ
LVヴェロネッリ
GPギア・ペニン
GGギア・グルメ
  • 国際的な評価誌、評論家