フランスローヌ[Chateauneuf-du-Pape]
クロ・サン・ジャン
Clos St. Jean
上級キュヴェ全てで同時にWA100を獲得した伝説のトップドメーヌ

最上区画と名高いLa Crauを開墾した歴史を持ち、最大の所有者である。最高のテロワールと高樹齢、そして“笑えるほど”の低収量が唯一無二のエネルギーに満ちた味わいをもたらす。

INTRODUCTION
生産者のご紹介
所有畑の3分の2がLa Crau

シャトーヌフ・デュ・パプにおいて最上区画と評されるLa Crau。アンリ・ボノーの最上キュヴェであるセレスタンを筆頭にシャトー・ヴュー・テレグラフやシャトー・グロ・カイユといった一流の生産者たちのトップキュヴェを生み出すことで有名だが、この区画の最大所有者でありかつこの地を開墾した歴史を持つドメーヌがクロ・サン・ジャンである。La Crauが開墾され初めてグルナッシュが植えられたのが1905年、その後1910年にはワイナリーが誕生し、現在はパスカル&ヴァンサン兄弟がワイナリーの指揮をとる。著名なワインコンサルタントであるフィリップ・カンビとタッグを組むことで、2003年のファーストヴィンテージ以降、世界中を熱狂させるワインを生み出している。所有畑の3分の2がLa Crauにあることだけでも驚きだが、開墾当時に植えられたグルナッシュの樹齢が現在100年を超えていることも忘れてはならない。さらに注目すべきは、1haあたり15~20hlという採算を度外視した収量であり、ワイン・アドヴォケイト誌からは「笑えるほどに少ない」と評されている。こうした彼らの恐ろしい程の執念が、パワフルでエネルギーに満ちあふれたワインを生み出している。

ノーマルキュヴェにも古樹をメインに使用

他区画のブドウを少量ブレンドする年もあるが、基本的には全キュヴェがLa Crauからのものである。多くの古樹が残るシャトーヌフ・デュ・パプでは、看板となる上級キュヴェのみに古樹のブドウを使用するワイナリーが多いが、クロ・サン・ジャンではノーマルキュヴェですら50~100年を超える樹齢のグルナッシュをメインに使用している。低収量がもたらす凝縮された黒系果実の濃厚な甘さや、白・黒コショウのスパイシーさ、プロヴァンスのハーブ香といった要素はもちろん高いレベルで存在しているが、注目すべきは樹齢の高さが生み出す滑らかなテクスチャーと果実味との調和である。パーカーをして「一流のブルゴーニュワインに混ぜてブラインドテイスティングに出せば周りを驚かせることができる」と言わしめたそのシルキーで滑らかなタンニンのおかげで、濃厚だがエレガントでシームレスな印象を与えるのである。また、上級キュヴェで使われるグルナッシュは全て1905年植樹の古樹であるため、より凝縮された果実味と巨大なストラクチャーを持つ。しかしながら、ビロードのようなシルキーなタンニンが完璧に溶け込むことで非常にエレガントで洗練された感動的な味わいとなるのである。2007年のヴィンテージでは上級3キュヴェ全てでパーカーポイント100点をたたき出し、その重厚で奥深い味わいの体験は、パーカーが過去30年間に体験した全てを凌駕していたという。「南ローヌワインの中で最高位にランクすることは間違いない。この年のクロ・サン・ジャンはある一つの到達点に達しており、このレベルの経験は今後一生真似することのできない特別なものである。」と語っている。こうした最高の賛辞を得た後もパスカル&ヴァンサンは決して過去の栄光を振り返らない。彼らはこの先も毎年シャトーヌフ・デュ・パプのトップワインを従えて更なる高みを目指し続けていくのである。

WINERY DATA
ワイナリーデータ
醸造責任者
Pascal & Vincent Maurel
栽培方法
リュット・レゾネを取り入れ、殺虫剤を使用しないなど自然なアプローチをしている。
ワインメイキング
白では、収穫後にプレスし、デブルバージュ後に発酵。その後バトナージュをしながら熟成させる。赤では、収穫後に除梗し、長期間のマセラシオンを行う。その後熟成させる。
ITEM LIST
アイテム一覧
シャトーヌフ・デュ・パプ ブラン

2018 Chateauneuf du Pape Blanc

La Crauの最も標高の高いエリアに植わる4品種を均等にブレンド。グルナッシュはベースとストラクチャー、クレレットはアロマティックとフィネス、ルーサンヌはフレッシュさ、ブールブランは酸をもたす。それぞれのブドウが役目をしっかりと果たすことで完璧なバランスを生み出している。洋ナシ、リンゴ、カモミールやバーベナなどの複雑なアロマとフレーバー。フィニッシュにはクリーミーなメロンのような余韻が長く続く、エレガントなワイン。

評価の見方
種類
White
産地
Chateauneuf-du-Pape
ブドウ品種
クレレット25%、ルーサンヌ25%、ブールブラン25%、グルナッシュ・ブラン25%
醸造・熟成
バリック(新樽100%)50%、グラスファイバー・タンク50%
評価
WA90
アルコール度数
14%
希望小売価格税抜き
7,600
お問い合わせはこちら
シャトーヌフ・デュ・パプ

2017 Chateauneuf du Pape

主体となるグルナッシュは全てLa Crauからのもので、樹齢50~100年を超える。完熟した甘いブラックチェリーや煮詰めたブラックベリー、それに加えてリコリスやスパイスの香り高いアロマ。何層にも折り重なるようなジューシーな甘やかさが印象的。熟して滑らかなタンニンはシルキーなテクスチャーを生み出す。リリース時に飲んでも楽しむことができ、長期熟成を経てもなお楽しむことができる。

評価の見方
種類
Red
産地
Chateauneuf-du-Pape
ブドウ品種
グルナッシュ75%、シラー15%、ムールヴェードル4%、サンソー3%、ヴァカレーズ2%、ミュスカルダン1%
醸造・熟成
グルナッシュ:コンクリートタンク12ヶ月、その他品種:バリック(新樽、1年樽)12ヶ月
評価
WA91
アルコール度数
16%
希望小売価格税抜き
7,500
お問い合わせはこちら
シャトーヌフ・デュ・パプ デウス・エクス・マキナ

2017 Chateauneuf du Pape Deus Ex Machina

ブドウは全てLa Crauからのもので、グルナッシュは1906年植樹の古樹のみを使用。深み、凝縮感、濃度があり、その巨大な味わいの中心にはダークベリー、黒鉛、ペッパー、肉の脂を感じる力強さがある。凝縮したフルボディだが、シームレスでエレガント、非常に洗練されている。しっかりとしたタンニンにとげのない完璧なバランスの味わい。

評価の見方
種類
Red
産地
Chateauneuf-du-Pape
ブドウ品種
グルナッシュ60%、ムールヴェードル40%
醸造・熟成
グルナッシュ:コンクリートタンク12ヶ月、ムールヴェードル:バリック(新樽、1年樽)12ヶ月
評価
WA(98-100)
アルコール度数
16%
希望小売価格税抜き
15,000
お問い合わせはこちら
シャトーヌフ・デュ・パプ コンブ・デ・フ

2017 Chateauneuf du Pape Combe des Fous

評価の見方
種類
Red
産地
Chateauneuf-du-Pape
ブドウ品種
グルナッシュ60%、シラー20%、サンソー10%、ヴァカレーズ10%
醸造・熟成
グルナッシュ:コンクリートタンク12ヶ月、その他品種:バリック(新樽、1年樽)12ヶ月
評価
WA(95-97)
アルコール度数
16%
希望小売価格税抜き
15,000
お問い合わせはこちら
評価の見方
WAワイン・アドヴォケイト
WSワイン・スペクテイター
Vinousヴィノス
JRジャンシス・ロビンソン
Decanterデカンタ
MBマイケル・ブロードベント
AMアラン・メドー
RJリチャード・ジューリン
Gault Milauゴー・ミヨ
Eichelmannアイヒェルマン
Falstaffファルスタッフ
Vinariaヴィナリア
GRガンベロ・ロッソ
SWスロー・ワイン
BIビベンダ
ESエスプレッソ
LVヴェロネッリ
GPギア・ペニン
GGギア・グルメ
  • 国際的な評価誌、評論家