フランスローヌ[Cote du Rhone (Visan)]
バスティード
Bastide
コート・デュ・ローヌの中でも旨みがじわじわとこみ上げてくるという特筆すべき個性を持つヴィザン屈指の生産者

これまで良いとされてきた他エリアのものよりも圧倒的に日本人の味覚に適した味わい。

INTRODUCTION
生産者のご紹介
日本人の味覚になじむ注目の産地、ヴィザン

焼けつくほどの日差しに恵まれた南ローヌは、果実感たっぷりのリッチな赤ワインの宝庫である。広大なコート・デュ・ローヌのアペラシオンがよく知られているが、より上質でコストパフォーマンスの高いワインの産地として注目したいのがコード・デュ・ローヌ・ヴィラージュの村々だ。生産エリアは95の村で構成されているが、その中でもより高い優位性が認められた17の村のみがヴィラージュの後ろに村名を表記することが認められている。その代表としてパワフルな味わいのワインを生むケランヌに関心が向けられがちだが、日本人の味覚になじむ旨みを備えているという点、そして豊かな果実を純粋に楽しむという点においては、ヴィザンこそが要注目の産地である。最も早く村名を名乗ることが許されたアペラシオンでもあるヴィザンは、コート・デュ・ローヌ・ヴィラージュの北東部に位置する。畑は村の周囲の平地や丘斜面に広がっており、大きな石がゴロゴロと転がる赤い粘土石灰質の土壌とミストラル(乾燥した強い北風)の影響を受けた地中海性気候が、滑らかでジューシーな果実とふくよかさ、そしてフィネスを育む。かつてのローマ法王領であり、テンプル騎士団もワインを造っていたという由緒正しい土地だが、近年元詰めをする生産者は非常に少なく、栽培されたブドウのほとんどは協同組合に買い取られていた。テンプル騎士団の要塞兼農園だったというバスティードも例に漏れず、フランス革命時に敷地の一部が破壊された後はワイン造りが衰退していたが、1989年にボワイエ家の手に渡り復活を遂げる。

思わず「旨い!」と声に出してしまう素直なおいしさ

古くからのブドウ栽培家の家系に育ち、農業エンジニアとしてフランス各地で技術指導を行ってきたベルナール・ボワイエは、兄弟が興した醸造所を手伝う内に自分自身のワインを造りたいと強く思うようになった。彼は自らの夢をバスティードで実現させ、バスティードは彼のおかげでワイン造りという伝統を取り戻した。ブドウ栽培はビオロジックの手法を目指しており、化学薬品を使わず、できるだけ花や木を植えて昔ながらの周囲の環境を整えている。一方で、技術指導者という経歴を活かし必要であれば最新技術も導入しており、温度管理ができるステンレスタンクはもちろん、熟成タンクに微量の酸素を送り込みタンニンをまろやかにするミクロブラージュの装置も備えている。収穫前や収穫中にブドウの糖度、PH値、熟度を比べながらどの区画のブドウを摘むか決めるという姿勢にも表れているが、バスティードのワインの魅力はなんといっても絶妙なバランス感だ。甘みがしっかりのったジューシーな果実味。しかし、果実一辺倒ではなく確かな骨格を備えている。過度の固さや渋みはなく、口にした瞬間「旨い!」と声に出してしまうような素直なおいしさに満ちている。現在ワイン造りは息子のヴァンサンに託されたが、その魅力は変わらない。ヴィザン全体で300haを超える栽培面積に対し元詰めをする生産者はまだ少ないが、ここ10年で10以上のワイナリーが新たに設立されたという。ヴィザンの評判は徐々に高まっており、20年以上に渡ってそのポテンシャルを世界に発信してきたバスティードの功績は大きい。

WINERY DATA
ワイナリーデータ
醸造責任者
Vincent Boyer
コンサルタント
Thomas Oui
栽培方法
認証は取っていないが、化学薬品を使用しないなどオーガニックなアプローチをしている。
ワインメイキング
収穫後は除梗し、ルモンタージュとデレスタージュを行いながら発酵。MLF後、ミクロブラージュ(微量な酸素接触)を行いながら熟成させる。
ITEM LIST
アイテム一覧
コート・デュ・ローヌ

2018 Cotes du Rhone

コート・デュ・ローヌの畑であるシューズ・ラ・ルースのワインに格上アペラシオンであるコート・デュ・ローヌ・ヴィラージュのヴィザンのワインをブレンドすることで生まれたワンランク上のリッチなコート・デュ・ローヌ。フレッシュな赤い果実、洋酒漬けのチェリー、チョコレート等の豊かな香り。柔らかな口当たりに続く果実はフルーティな甘さに溢れ、豊富で細かなタンニンがふくよかな味わいをしっかりと支えている。

評価の見方
種類
Red
産地
Cotes du Rhone
ブドウ品種
グルナッシュ55%、シラー25%、カリニャン20%
醸造・熟成
ステンレスタンクで発酵、コンクリートタンクで6ヶ月熟成
アルコール度数
13.5%
希望小売価格税抜き
1,750
お問い合わせはこちら
コート・デュ・ローヌ・ヴィラージュ ヴィザン

2018 Cotes du Rhone Villages Visan

熟したチェリー、ブラックベリーのコンフィチュール、カカオ、エスプレッソ、リコリスなど様々な要素が溢れだす豊かな香り。樽のニュアンスやシルキーかつ重厚なタンニンが絡み合う味わいは、ヴィザンの魅力であるジューシーで滑らかな果実に溢れ圧倒的な凝縮感と複雑さを備えている。村名を名乗ることを認められたコート・デュ・ローヌ・ヴィラージュの実力を知る1本。

評価の見方
種類
Red
産地
Cotes du Rhone Villages Visan
ブドウ品種
シラー40%、グルナッシュ40%、ムールヴェードル20%
醸造・熟成
ステンレスタンクで発酵、コンクリートタンクで8ヶ月熟成
アルコール度数
14%
希望小売価格税抜き
2,050
お問い合わせはこちら
コート・デュ・ローヌ・ヴィラージュ ヴィザン・グロワール・ド・モン・ペール

2017 Cotes du Rhone Villages Visan Gloire de Mon Pere

亡き父の為にオマージュ的に2009年より造られた限定キュヴェ。とても美しい深い紫色。ブラックベリーや砕いたストロベリー、ロースティーなニュアンスやバニラなどのノートのあるリッチでパワフルなノーズ。口に含むとソフトで非常にバランスの取れたワイン。タンニンは複雑で、フィニッシュはとても心地よい余韻が残る。

評価の見方
種類
Red
産地
A.O.C. Cote du Rhone Village
ブドウ品種
シラー95%、グルナッシュ5%
醸造・熟成
ステンレスタンクで発酵、コンクリートタンクで8ヶ月熟成
アルコール度数
14%
希望小売価格税抜き
2,400
お問い合わせはこちら
評価の見方
WAワイン・アドヴォケイト
WSワイン・スペクテイター
Vinousヴィノス
JRジャンシス・ロビンソン
Decanterデカンタ
MBマイケル・ブロードベント
AMアラン・メドー
RJリチャード・ジューリン
Gault Milauゴー・ミヨ
Eichelmannアイヒェルマン
Falstaffファルスタッフ
Vinariaヴィナリア
GRガンベロ・ロッソ
SWスロー・ワイン
BIビベンダ
ESエスプレッソ
LVヴェロネッリ
GPギア・ペニン
GGギア・グルメ
  • 国際的な評価誌、評論家