フランスブルゴーニュ

ムルソー カース・テット

2017 Meursault Casse Tetes

Casse Tete(カス・テット)は労力を必要とする仕事など意味する言葉で、この区画が耕作しにくいことから命名された。樹齢は40~60年。斜面中腹にある石が多い畑。所有している区画の中で最も標高が高く、ミネラル分が豊富でかつ酸度が多少下がってもバランスの取れたワインが出来るので、最も収穫が遅い区画でもある。

Tessier

テシエ

『ブルゴーニュ最高の無名の生産者』に数えられるムルソーのライジング・スター輝くようなミネラルを軸として密度が高く凝縮しながら、同時に非常にピュアで繊細な彼のワインは、ムルソーの新世代の象徴たるにふさわしい。詳しく見る
種類
White
産地
Meursault
ブドウ品種
シャルドネ100%
醸造・熟成
バリックで発酵、12ヶ月(新樽25%)後、ステンレスタンク6ヶ月熟成
アルコール度数
13%
希望小売価格税抜き
9,400
お問い合わせはこちら
評価の見方
WAワイン・アドヴォケイト
WSワイン・スペクテイター
Vinousヴィノス
JRジャンシス・ロビンソン
Decanterデカンタ
MBマイケル・ブロードベント
AMアラン・メドー
RJリチャード・ジューリン
Gault Milauゴー・ミヨ
Eichelmannアイヒェルマン
Falstaffファルスタッフ
Vinariaヴィナリア
GRガンベロ・ロッソ
SWスロー・ワイン
BIビベンダ
ESエスプレッソ
LVヴェロネッリ
GPギア・ペニン
GGギア・グルメ
  • 国際的な評価誌、評論家