フランスブルゴーニュ

シャンベルタン ヴィエイユ・ヴィーニュ

2018 Chambertin V.V.

甘いチェリー、ストロベリーやラズベリーに杉、グリルした肉や林床のアロマが層を織りなしており、空気に触れるとアイリスの花のアロマが開いてくる。ミディアム-フルボディーのサテンのように滑らかで洗練された口当たりを持ち、首尾一貫してフレッシュな酸とブラックベリーやラズベリー、オレンジの風味が時間の経過と共に大きく広がって口内を満たしてくれる。計り知れないほどの熟成ポテンシャルを持つ偉大なワイン。

Jean Marie Fourrier (Maison)

ジャン・マリー・フーリエ(メゾン)

わずか23歳の若さでドメーヌを引き継ぎ瞬く間にスター生産者に上り詰めたジャン・マリー毎年供給が追い付かず、それでも世界中から引く手あまたの状況を前に彼はネゴシアンを立ち上げた。それは偉大なジャン・マリーのワインをより広く堪能できる機会を与えてくれる、素晴らしく価値のあるラインナップとなっている。詳しく見る
種類
Red
産地
Chambertin Grand Cru
ブドウ品種
ピノ・ノワール100%
醸造・熟成
ステンレスタンクで発酵、バリック18ヶ月(新樽20%)熟成
評価評価の見方
Vinous94-96 WA92-94+
アルコール度数
14%
希望小売価格税抜き
101,500
お問い合わせはこちら
評価の見方
WAワイン・アドヴォケイト
WSワイン・スペクテイター
Vinousヴィノス
JRジャンシス・ロビンソン
Decanterデカンタ
MBマイケル・ブロードベント
AMアラン・メドー
RJリチャード・ジューリン
Gault Milauゴー・ミヨ
Eichelmannアイヒェルマン
Falstaffファルスタッフ
Vinariaヴィナリア
GRガンベロ・ロッソ
SWスロー・ワイン
BIビベンダ
ESエスプレッソ
LVヴェロネッリ
GPギア・ペニン
GGギア・グルメ
  • 国際的な評価誌、評論家