イタリアフリウリ・ヴェネツィア・ジュリア[San Giovanni al Natisone]
クリュ・チャーレ
Cru: Chale
フリウリワインのプロ集団が結成した理想のワイナリー

敏腕エノロゴのクリスチャン・パタを中心に4人のプロが、何の制約にも縛られず、独自の『フリウリらしさ』の表現を求めて進化し続ける。メディアには一切露出しないアンダーグラウンド的カルトワイン。

INTRODUCTION
生産者のご紹介
豪華な顔ぶれ

クリュ・チャーレは、経験豊かな2人のエノロゴ、クリスチャン・パタとピエル・パオロ・シルクを中心に、グラヴネールやロンコ・デル・ニエミツの栽培責任者であるマルコ・シモニ、そしてワイン商のグラウコ・ラヴェッロの4人のプロフェッショナルにより結成されたワイナリーである。醸造責任者であるクリスチャンは、ミアーニのエンツォ・ポントーニと親交が深く、フリウリにネコティウム社を構えて自らワインを手掛ける一方、イタリア各地の優れた生産者を発掘する敏腕エージェントとしても知られている。畑の世話を受けもつピエル・パオロは、ガヤのコンサルタントを務める等、フリウリ内外で活躍するエノロゴであり、彼の兄弟のルカ・シルクもまた、クリスチャンとともにクリュ・チャーレの醸造に携わっている。

可能性を引き出すプロの仕事

優れたポテンシャルを秘めているにもかかわらず、放置されたままの数々の畑を目にしたこの専門家達が、フリウリのテロワールの可能性を実証すべく、1997年にたった5樽のシャルドネからこの新しいプロジェクトはスタートした。畑はコッリ・オリエンターリ・デル・フリウリ地区に位置しており、グランクリュとも言えるロザッツォ、同じく偉大で大らかなブットリオ、晩熟の地サン・マウロ等からのブドウが用いられる。収量は厳しく制限され、発酵にはフレンチオークの2年樽と3年樽を使用。二酸化硫黄の使用を極力抑えるため、ワインと澱を長期間接触させる等の工夫を凝らしている。経験を重ねるごとに、「フリウリの多様なテロワールの個性を表現するためには、どのテロワールにどのブドウ品種が最適か、つまりどのブドウをどこで育てるかが重要だと学んだ」というクリスチャン。何ら制約に縛られない彼らのワインは、独自の『フリウリらしさ』の表現を求めて進化を続けている。現在も総生産本数が1万本に満たないため、ほとんど市場に出回ることはなく、またメディアへの露出も行っていないため、現地以外ではほとんど見かけることのない稀少なワインである。尚、2007年まで醸造はシルクのセラーにて行われていたが、2009年よりロンコ・デル・ニェミツのセラーが使われている。畑とセラーの距離が近くなったため、これもまたクオリティの更なる向上につながっている。

WINERY DATA
ワイナリーデータ
醸造責任者
Luca Sirch & Christian Patat
栽培方法
オーガニック栽培。
ワインメイキング
発酵には樽を使用。MLF発酵は自然に任せている。バリックで熟成し、バトナージュも行う。
ITEM LIST
アイテム一覧
シャルドネ

2017 Chardonnay

温暖な気候を持ち長熟なワインが生まれるフリウリのグランクリュ、ロザッツォにあるロンコ・デル・ニェミツの樹齢50年の区画のブドウを使用。白桃のコンポート、リンゴの蜜、洋ナシ、ナッツのリッチでボリューム感のあるなめらかな舌触り。早すぎず、遅すぎず、適正な時期に収穫されたブドウに根差した酸とミネラルにきっちりと支えられた味わいは、全体を通してきれいでクリーンな印象。

評価の見方
種類
White
産地
D.O.C. Friuli Colli Orientali
ブドウ品種
シャルドネ100%
醸造・熟成
バリックで10ヶ月(新樽25%)
アルコール度数
13%
希望小売価格税抜き
4,000
お問い合わせはこちら
RECOMMENDED
その他、おすすめのワイナリー
評価の見方
WAワイン・アドヴォケイト
WSワイン・スペクテイター
Vinousヴィノス
JRジャンシス・ロビンソン
Decanterデカンタ
MBマイケル・ブロードベント
AMアラン・メドー
RJリチャード・ジューリン
Gault Milauゴー・ミヨ
Eichelmannアイヒェルマン
Falstaffファルスタッフ
Vinariaヴィナリア
GRガンベロ・ロッソ
SWスロー・ワイン
BIビベンダ
ESエスプレッソ
LVヴェロネッリ
GPギア・ペニン
GGギア・グルメ
  • 国際的な評価誌、評論家