フランスローヌ[]
ドメーヌ・ピシャ
Domaine Pichat
エレガントで洗練されたコート・ロティのテロワールを実直に追求し続け、着実に品 質と評価を上げている、現在躍進中のワイナリー。

生産量は非常に少ないが、追い かける努力をすべき価値のあるワイナリーであることは疑いようがない。

INTRODUCTION
生産者のご紹介

シラーは世界中で生産されている国際品種であるが、コート・ロティほど繊細でエレガントなワインを生み出す地は他にない。「コート・ロティ(=焼けた斜面)」という名の響きから、タンニンが強く、アルコールが高いワインが連想されがちだが、それは全くの逆である。高緯度と冷たい季節風(ミストラル)の影響を受ける北ローヌはシラーが完熟できる北限とも言え、その中でもコート・ロティは最も冷涼なアペラシオンの1つに数えられる。また、北ローヌではスタイルの変革も起こっており、1990年代から2000年代にかけてロバート・パーカーが賞賛した濃厚で豊満、酸の穏やかなスタイルから、抽出・オークのニュアンスを抑えたフィネスとエレガンスに溢れたスタイルが主流になりつつある。このような進化を見せるシラー最上の地では、ギガルやシャプティエなどのビッグプレイヤーが長らく市場を牽引してきたが、一方で小さなワイナリーもモダンな手法を取り入れながら質の高いワイン造りに邁進し、より存在感を高めている。その代表格の1つとして近年注目を集めているのがドメーヌ・ピシャである。

ドメーヌ・ピシャの当主であるステファン・ピシャはボーヌの醸造高校を出て、カリフォルニアのソノマとボルドーで研鑽を積み、ローヌの地に帰ってきた。ステファンの家系は代々続く栽培農家であり、野菜や果物の栽培がメインでブドウは全て売っていた。しかし、手塩にかけて育てたブドウが売られた後、どう扱われるか分からない事にフラストレーションを感じていたステファンが、2haの畑を引継いだ後ワイン生産を開始。ファーストヴィンテージは2000年、900本のみの生産という規模であったが、現在畑は5haを越え、年間およそ20,000本のワインを生産している。所有畑について特筆すべきはその恵まれたラインナップにある。コート・ロティは3つの村にまたがるアペラシオンであるが、その中でも多くの優れた畑が集中し、コート・ロティの神髄とも言えるアンピュイ村に畑を所有する。アンピュイ村の代表的な畑の1つであるレ・グランド・プラスは、ロバート・パーカーが自書「ローヌワイン」の中で「ギガルの三銃士と並びコート・ロティの中で最も深遠なワイン」として挙げている程の偉大な畑だ。アンピュイ村にワイナリーを構えるドメーヌ・ピシャでは、名高いレ・グランド・プラスをはじめ、シャンポン、プロンブなど大部分の畑をアンピュイに所有。IGPワインの区画もコート・ロティに隣接しており、一部コンドリューにも畑を持つ。

彼のモットーはフィネスとエレガンス、熟成できるポテンシャルのあるワインを造ること。栽培はリュット・レゾネで行い、除草剤、殺虫剤は使用せず手作業で収穫を行う。醸造では伝統に則りながらモダンなスタイルを追求している。コート・ロティでは無除梗、大樽での長期熟成が伝統的な手法であるが、ドメーヌ・ピシャではキュヴェによって除梗率を使い分け、ステンレスタンクで発酵後、400Lの樽でMLF発酵・熟成を行う。新樽比率はヴィンテージによって変えるが、熟成期間は最長でも30ヶ月ほどに留める。こうして出来る彼のワインは美しいコート・ロティの肉付きの良さがありながらも、滑らかなタンニンが溶け込んだシームレスで洗練されたテクスチャーを持つ。熟成のポテンシャルがありながら若いうちでも楽しめるスタイルだ。ワイン・アドヴォケイト誌からは「モダンスタイルのコート・ロティを作っている傑出したドメーヌ、生産量は非常に少ないが、追いかける努力をすべき価値のあるワイン」、「ほとんど素性を知らない生産者からの嬉しいサプライズ」、「若くから楽しめるが、10年経っても楽しめるセンセーショナルなコート・ロティ」といった惜しみない賛辞が贈られている。今後ますますの進化を期待させる才能溢れる造り手だ

WINERY DATA
ワイナリーデータ
醸造責任者
Stephane Pichat
栽培方法
除草剤や殺虫剤を使用しないなど自然なアプローチをしている。
ワインメイキング
白では、収穫後にプレスし、発酵。樽に移してMLFも行う。その後熟成させる。


赤では、収穫後にピジャージュ、ルモンタージュをして発酵。その後樽に移して熟成。
ITEM LIST
アイテム一覧
プロキシマ ヴィオニエ コリーヌ・ロダニエンヌ

2020 Proxima Viognier IGP Collines Rhodaniennes

柑橘果実、白桃、アプリコットのフルーティーなアロマに白いスミレやスイカズラのヒント。フレッシュで心地良い酸が丸みを帯びたふくよかなボディを見事に支えている。ピュアな果実味が広がる調和のとれたフィニッシュ。

評価の見方
種類
White
産地
IGP Collines Rhodaniennes
ブドウ品種
ヴィオニエ100%
醸造・熟成
ステンレスタンクで発酵、228L, 400L樽で9ヶ月熟成
アルコール度数
13%
希望小売価格税抜き
3,550
お問い合わせはこちら
コート・ロティ ロス

2019 Cote Rotie Loss

評価の見方
種類
Red
産地
Cote Rotie
ブドウ品種
シラー95%、ヴィオニエ5%
醸造・熟成
ステンレスタンクで発酵、400L樽&バリックで22ヶ月熟成
アルコール度数
14.5%
希望小売価格税抜き
7,400
お問い合わせはこちら
コート・ロティ シャンポン

2018 Cote Rotie Champon’s

シャンポン、プロンブ、グランド・プラスの3区画のブドウを使用。熟したブラックベリー、プラム、シダやクローヴのアロマ。凝縮感のある果実味、ミネラル、力強いタンニンが層をなすミディアム‐フルボディ。フィニッシュにはフローラルなノートが広がり、非常に長い余韻が楽しめる。

評価の見方
種類
Red
産地
Cote Rotie
ブドウ品種
シラー100%
醸造・熟成
400L樽24ヶ月(新樽30-40%)
アルコール度数
13.5%
希望小売価格税抜き
7,400
お問い合わせはこちら
コート・ロティ グランド・プラス

2019 Cote Rotie Grandes Places

僅か0.5haの区画にある1930年代植樹のブドウを使用。熟したダークベリー、チェリーリキュール、エキゾチックスパイス、モカのアロマ。みっちりと詰まった果実味を感じさせるが、同時にフレッシュさと複雑味も兼ね備える。柔らかなアタックから始まりアフターにかけて力強さがこみ上げる。ワイナリー最上の1本。

評価の見方
種類
Red
産地
Cote Rotie
ブドウ品種
シラー100%
醸造・熟成
400L樽&バリックで22ヶ月(新樽100%)
アルコール度数
14.5%
希望小売価格税抜き
12,000
お問い合わせはこちら
評価の見方
WAワイン・アドヴォケイト
WSワイン・スペクテイター
Vinousヴィノス
JRジャンシス・ロビンソン
Decanterデカンタ
MBマイケル・ブロードベント
AMアラン・メドー
RJリチャード・ジューリン
Gault Milauゴー・ミヨ
Eichelmannアイヒェルマン
Falstaffファルスタッフ
Vinariaヴィナリア
GRガンベロ・ロッソ
SWスロー・ワイン
BIビベンダ
ESエスプレッソ
LVヴェロネッリ
GPギア・ペニン
GGギア・グルメ
  • 国際的な評価誌、評論家