オーストリアヴァッハウ[Durnstein]
ピヒラー・クルツラー
Pichler Krutzler
歴史的銘醸地において、既成概念にとらわれず自然な真のテロワール表現に迫る。

「ヴァッハウの新世代の台頭」と取り上げられ、今や父親をも超える勢いで成長を続けるこのワイナリーは、絶対に見逃してはならない。

INTRODUCTION
生産者のご紹介
ヴァッハウの新時代を担うサラブレッド

ピヒラー・クルツラーはオーストリア屈指の銘醸地ヴァッハウの東部デュルンシュタイン村にワイナリーを構える。ピヒラーという名前は、この国のワイン通であれば誰もが耳にしたことのある名前であるが、ヴァッハウ出身の現オーナー、エリザベス・ピヒラーはかの著名なF.X.ピヒラーの娘にあたる。彼女の夫エーリヒ・クルツラーも赤の名産地ブルゲンランドでブラウフレンキッシュの名手として名高いクルツラー家の出身である。お互いに共通のバックグラウンドを持つ、いわばサラブレッドである彼らが2006年に立ち上げたのがピヒラー・クルツラーである。所有する13haの畑はデュルンシュタイン村周辺に広がり、ヴァッハウ東部で最高峰と名高いリート(Ried=区画の意で、フランスでいうクリュの概念)であるケラーベルクやロイベンベルクに加え、すぐ東隣りのクレムスタルで別格扱いのリートであるファッフェンベルクなどを含む。ヴァッハウの中でも東部エリアはパンノニア平原からの暖気の影響を受けるために温暖で、かつ標高が低い為に川沿いには砂利や砂、ロスが多くみられる。このため冷涼で標高の高い西部に比べると凝縮感や力強さのある味わいが特徴となるが、東部でも最上とされる畑は標高の高い斜面にあり、片麻岩を主体とする原生岩が多くみられる。これがグリューナーやリースリングといった品種と掛け合わさると、パワフル一辺倒ではない絶妙なバランスが生まれる。フルボディであるが同時にフィネスと張りがあるシルキーなテクスチャー、きわめて鮮明でクリアな力強い果実味に塩気を伴う強烈なミネラルが混ざり合い、テロワールがより前面に出た味わいが完成される。

「アルコール度数によってワインをカテゴリ分けするのはナンセンス」とヴィネア・ヴァッハウに所属せず

ピヒラー・クルツラーがヴァッハウのその他の生産者から人目置かれている理由の一つにヴィネア・ヴァッハウと呼ばれる生産者組合に所属していないという点がある。この組織では、買いブドウを使わずに最もピュアで表現豊かなワインを造ることをモットーに、アルコール度数に準じて独自の格付け(シュタインフェーダー・フェーダーシュピール・スマラクト)が制定されている。これに対してピヒラーは「アルコール度数によってワインをカテゴリ分けするのはナンセンス」という考えであるため、似たようなアルコール度数規定を持つクレムスタルでも彼らは産地名を名乗らずにあえて広域のニーダーエスタライヒとしてワインをリリースしている。高いアルコール度数を生み出すブドウの熟度に固執するのではなく、品種と畑、そしてヴィンテージの組み合わせの中で自分たちが完璧だと感じるワインを造ることがピヒラーの哲学なのである。このおかげでフレキシブルに栽培や醸造ができ、より自然体でワイン作りに取り組めている。認証はないが畑では除草剤、殺虫剤、化学肥料を使用しないオーガニック栽培をしている。醸造では、年によって多少変わるものの、ほとんど全てのキュヴェに天然酵母を使用し、上級レンジにはフードルを用いての発酵を行う。澱とのコンタクトを意識し、SO2を最小限に抑えて無清澄で瓶詰めする。

「息をのむほどの品質で、今や即完売してしまう」WA

WAからは「読者は絶対に見逃してはならない」「息をのむほどの品質で、今や即完売してしまう」と大絶賛。さらに本誌では、ヴァッハウには既に偉大な2つのピヒラー(F.X.ピヒラーとルーディ・ピヒラー)がいながらにして、今注目すべきはピヒラー・クルツラーであると2者を押しのけての太鼓判で、リースリングの神と呼ばれる評論家スチュアート・ピゴットから成長の著しいワイナリーとして「ヴァッハウの新世代の台頭」と取り上げられている。今や父親をも超える勢いで成長を続けるこのワイナリーは絶対に見逃してはならない。

WINERY DATA
ワイナリーデータ
醸造責任者
Erich Krutzler
栽培方法
認証はとっていないが、除草剤、殺虫剤、化学肥料を使用しないなどオーガニックなアプローチをしている。
ワインメイキング
収穫後、全房でプレス。スキンコンタクト後に発酵させ、澱と共に熟成。
ITEM LIST
アイテム一覧
グリューナー・フェルトリーナー・リート・ロイベンベルク

2018 Gruner Veltliner Ried Loibenberg

ウンターロイベン村の北に位置する標高220-390m、南東-東向きの急斜な段々畑。最古は1253年まで遡り「オーストリア最初のブドウ畑」とも称されるヴァッハウの銘醸畑。樹齢は平均50年、土壌はロスとグナイス(片麻岩)主体。完熟果実と火打石のニュアンスを持つ鮮烈なアロマ。塩味をはっきりと感じるフルボディーで、力強さだけでなく張り、フィネス、ピュアさをも兼ね備える。ロイベンベルクのテロワールが見事に表現された最高の一本。

評価の見方
種類
White
産地
Wachau
ブドウ品種
グリューナー・フェルトリーナー100%
醸造・熟成
オークの大樽(9hl)で澱と共に8ヶ月
評価
WE94、WA92
アルコール度数
13.5%
希望小売価格税抜き
6,700
お問い合わせはこちら
グリューナー・フェルトリーナー・リート・ケラーベルク

2017 Gruner Veltliner Ried Kellerberg

デュルンシュタイン村の東に位置する標高215-335m、南東-南向きの急斜な段々畑。樹齢は平均30年、土壌はグナイス(片麻岩)主体。クリアーで奥深さと凝縮感があり、火打ち石のようなミネラルと完熟した洋ナシを感じさせるアロマ。上品で力強いフルボディーのワインで、華やかさが広がるだけでなくピュアで直線的、張りがしっかりと感じられる。柑橘系の酸と塩味のあるミネラルがどこまでも続いていていく。優雅に熟成すること間違いない、ヴァッハウ・グリューナーの模範的な逸品。

評価の見方
種類
White
産地
Wachau
ブドウ品種
グリューナー・フェルトリーナー100%
醸造・熟成
オークの大樽とステンレスタンクで澱と共に9ヶ月
アルコール度数
13.5%
ドサージュ
2.2
希望小売価格税抜き
8,400
お問い合わせはこちら
グリューナー・フェルトリーナー・リート・ファッフェンベルク アルテ・レーベン

2017 Gruner Veltliner Ried Pfaffenberg Alte Reben

ヴァッハウの東の境界線に隣接するクレムスタル西部の代表的な畑。標高250-380m、南-南西向きの区画。樹齢は平均65年、土壌は雲母片岩を含んだグナイス(片麻岩)主体。非常にクリアでピュアな火打石のニュアンスにフレッシュなフローラルのアロマ。滑らかな口当たりだが、徐々に塩味やスパイシーさが現れる。ストラクチャーのしっかりとした華々しくゴージャスなグリューナーで偉大な熟成ポテンシャルを持つ。

評価の見方
種類
White
産地
Niederösterreich
ブドウ品種
グリューナー・フェルトリーナー100%
醸造・熟成
オークの大樽(9hl)で澱と共に9ヶ月
アルコール度数
13.5%
ドサージュ
2.3
希望小売価格税抜き
8,400
お問い合わせはこちら
リースリング・リート・ロイベンベルク

2017 Riesling Ried Loibenberg

ウンターロイベン村の北に位置する標高220-390m、南東-東向きの急斜な段々畑。最古は1253年まで遡り「オーストリア最初のブドウ畑」とも称されるヴァッハウの銘醸畑。樹齢は平均50年、土壌はロスとグナイス(片麻岩)主体。砕いた岩のミネラル、完熟した洋ナシやタンジェリンにスパイシーなニュアンスを持つアロマ。ストラクチャーのしっかりした非常にエネルギッシュなリースリングで、塩味を伴うアロマティックで複雑なフィニッシュ。

評価の見方
種類
White
産地
Wachau
ブドウ品種
リースリング100%
醸造・熟成
ステンレスタンクで澱と共に8ヶ月
アルコール度数
13.5%
ドサージュ
6.1
希望小売価格税抜き
6,700
お問い合わせはこちら
評価の見方
WAワイン・アドヴォケイト
WSワイン・スペクテイター
Vinousヴィノス
JRジャンシス・ロビンソン
Decanterデカンタ
MBマイケル・ブロードベント
AMアラン・メドー
RJリチャード・ジューリン
Gault Milauゴー・ミヨ
Eichelmannアイヒェルマン
Falstaffファルスタッフ
Vinariaヴィナリア
GRガンベロ・ロッソ
SWスロー・ワイン
BIビベンダ
ESエスプレッソ
LVヴェロネッリ
GPギア・ペニン
GGギア・グルメ
  • 国際的な評価誌、評論家