スペインリアス・バイシャス[Val do Salnes]
トマダ・デ・カストロ
Tomada de Castro
リアス・バイシャスの手本的存在の正統派アルバリーニョ

リアス・バイシャスの中心地、バル・ド・サルネスで100年以上に渡り代々ブドウ栽培を行ってきた歴史ある栽培家が1998年に創業したボデガ。

INTRODUCTION
生産者のご紹介
スペイン最高貴の白品種

スペイン北西部に位置するガリシア州で最も重要なD.O.であるリアス・バイシャスは、スペインを代表する白ワインの生産地である。大西洋に面したこのエリアは、複雑に入り組んだ海岸線と深緑に包まれた渓谷が織りなす景観の通り、気候は海の影響を強く受けて温暖・多雨である。暑く乾燥したスペイン内陸部の産地とは対照的に、一般的にリアス・バイシャスでは夏の最高気温は30度を超えることは珍しく、真冬でも氷点下になることは少ない。また、年間平均降水量は1600mmと他のスペインの生産地と比べても多く、秋から春にかけて雨がよく降る。かつてのリアス・バイシャスは、垢抜けない自家消費用ワインの産地だった。その大きな要因は、小農制度にあった。畑が子供の数で等分して相続され続けた結果、各生産者が所有する畑の面積が少なくなりすぎ、ワイン造りを産業として発展させるのが難しかったのだ。各生産者の平均所有畑は0.5ha以下、その中にはブドウの樹を数本しか持たない生産者も含まれる。しかし、1980年頃から意欲の高い栽培家や醸造家の間で土着ブドウのアルバリーニョのポテンシャルを見直す動きが高まり、1988年にD.O.リアス・バイシャスが誕生すると、この地のワイン造りは急激な成長を遂げた。D.O.設立から20年で6倍以上も栽培面積が増え、当初は3つだったサブリージョンも5つになった。この劇的な変化をもたらしたアルバリーニョは現在、リアス・バイシャスの総栽培面積の95%を占め、スペインで最も高貴な白品種という揺るぎない地位を誇る。

注目すべきサブリージョン

リアス・バイシャスのサブ・リージョンは大西洋沿岸部に3つ、内陸の渓谷に2つあるが、その中心的役割を担うのがバル・ド・サルネスだ。D.O.設立時から認められた由緒正しきこのサブ・リージョンは、一説によるとアルバリーニョの原産地とも伝えられる。栽培面積はD.O.全体の3分の2以上を占め、栽培される品種の99%はアルバリーニョであるというデータが示す通り、リアス・バイシャスのアルバリーニョを語るには必須の生産エリアである。バル・ド・サルネスの畑はリアス・バイシャス北部の大西洋沿岸に沿って広がるなだらかな丘陵地帯に拓かれている。その標高は最高100mほどとあまり高くなく、非常に起伏が少ない地形だが、海の影響を大きく受けた気候はリアス・バイシャスの5つのサブリージョンの中で最も涼しく雨が多い。時にはミネラリーでエレガントなキャラクターがリースリングと、豊かなアロマがヴィオニエと並び称されるアルバリーニョの美点は、この冷涼湿潤な気候と、リアス・バイシャスのワインを特徴づける花崗岩土壌のミネラル感により際立つ。アロマティックな香り、広がりある果実、清々しい酸、角は丸いが芯の強さを有するミネラル、海を感じさせるほのかな塩味…リアス・バイシャスの白を思い浮かべた時、多くの人がイメージする正統派の味わいを、バル・ド・サルネスのアルバリーニョは備えている。

誇り、そしてシンプルに

トマダ・デ・カストロは、このバル・ド・サルネスのクラシックな魅力を表現する生産者の一人だ。創業は1998年と若いが、100年以上もこの地でブドウ栽培を行ってきた歴史ある栽培家で、ワイナリー設立以前もブドウは他に売ることなく、自家用ワインを手掛けてきた。設立者のカルロス・カストロが目指すのは、ブドウの最高のクオリティを引き出し、ナチュラルでデリケートな要素を余すことなくアルバリーニョの香り高さをワインに表現することである。畑仕事に最も手をかけ、醸造では人の手の介入を最小限にとどめるワイン造りには、リアス・バイシャスの伝統とクリーンな現代的手法が共存している。バル・ド・サルネスのみに所有する8haの畑のブドウはアルバリーニョ100%。雨が多い気候の中、ブドウの葉や樹の間の通気性を確保するため、昔ながらの棚仕立てで栽培を行っている。また、かび病が発生しやすい環境だが、入念な畑仕事を行うことで、薬剤の使用を最小限に抑え、畑を健全に保つよう努めている。ブドウのクオリティを第一に考えた醸造方法は至ってシンプルだ。ブドウの実が互いを押しつぶさないよう、ブドウは収穫後、小さなカゴに入れて速やかにセラーに運ばれプレス機に入れられる。低温で温度管理しながら行うアルコール発酵や、澱引き後の熟成にはステンレスタンクを使用。現在ではカルロスの娘であり醸造家でもあるエリサベトもワイナリーに加わり、バル・ド・サルネスの王道のアルバリーニョというべき表現に更に磨きがかかる。2012年には新たなキュヴェ、グラン・リバドが生みだされた。ワイナリーが本拠を置く町、リバドゥミアに因んで名づけられたこのワインには、ワイナリーの誇りとともに、シンプルにリラックスしてリアス・バイシャスのアルバリーニョを楽しんでほしいという彼らの想いが込められている。

WINERY DATA
ワイナリーデータ
醸造責任者
Elisabeth Castro
栽培方法
リアス・バイシャスは雨が多いため、100%有機栽培が難しいが、可能な限り薬剤の使用を控えている。
ワインメイキング
フリーランジュースのみ使用。低温管理のもと自然酵母で発酵。一部MLFを行い、澱引き後に熟成させる。
ITEM LIST
アイテム一覧
グラン・リバド アルバリーニョ

2018 Gran Ribad Albarino

リアス・バイシャスの代表的サブ・リージョン、バル・ド・サルネスのクラシックな魅力をシンプルに楽しむために生まれた正統派アルバリーニョ。ミネラル香る涼やかなアロマ。クリーンなアタックに続き、徐々にマセドニアのフルーツや蜜っぽさを備えた果実が広がる。しっかりとしたミネラル感とフレッシュな酸が味わいにメリハリを与え、伸びやかさを与えるフィニッシュには、ほのかな塩っぽさが漂う。

評価の見方
種類
White
産地
D.O. Rias Baixas
ブドウ品種
アルバリーニョ100%
醸造・熟成
ステンレスタンク7-8ヶ月以上
アルコール度数
12.5%
希望小売価格税抜き
2,050
お問い合わせはこちら
評価の見方
WAワイン・アドヴォケイト
WSワイン・スペクテイター
Vinousヴィノス
JRジャンシス・ロビンソン
Decanterデカンタ
MBマイケル・ブロードベント
AMアラン・メドー
RJリチャード・ジューリン
Gault Milauゴー・ミヨ
Eichelmannアイヒェルマン
Falstaffファルスタッフ
Vinariaヴィナリア
GRガンベロ・ロッソ
SWスロー・ワイン
BIビベンダ
ESエスプレッソ
LVヴェロネッリ
GPギア・ペニン
GGギア・グルメ
  • 国際的な評価誌、評論家