ENTRY
MENU
募集要項・エントリー

ワインの魅力を広めるために、
小売店での販路開拓を。

Katsube Harumi

営業部小売チーム
2017年入社

新卒1年目ながら、フィラディスが今注力する、小売店向けの営業チームに配属された勝部。
フィラディスのワインが買えるお店を全国に増やし、一般の方にもっとワインに親しんでほしい。
勝部は柔軟な発想力と地道な努力で、その理想に向かって邁進している。

入社の理由

これから発展していく会社で、
自分の経験値を高めていきたい。

「インターンシップでワインが飲める!」そんな言葉に惹かれて軽い気持ちで参加したのが、フィラディスとの出会いでした。特にワインの仕事に絞って就職活動していたわけではなく、海外とつながる仕事っていいな、くらいの興味でした。でも何も知らない状態だったからこそ、そのとき飲んだヴィンテージワインの衝撃は大きかったです。同じワインなのに、熟成することでこんなにカドが取れて飲みやすくなるんだ。品種によってもこんなに味わいが違うんだ。ただおいしいというだけではない深さや広がりを感じ、ワインに興味を持つようになりました。

社長の石田の話にあった「日本に成熟したワイン文化を広める」という理念にも惹かれました。会社自体も、ここに就職すればなにか面白いことができそうだなという勢いがあって。私自身、大企業の中で歯車として働くのではなく、少数精鋭の中で自分の経験値を高めていきたいと思っていたので、入社を決意しました。

 
 

仕事の内容と面白さ

チームで日々模索しながら、
小売向け営業ルートを開拓中。

入社後、研修を経て配属になったのが営業部の小売チーム。百貨店や酒販店、スーパーなどの小売店に対してワインの営業を行う部署です。これまでフィラディスはレストランへの営業が中心でしたが、小売店での販路開拓はこれから重要になってくる部分。チームとしてはまず、商品ラインナップや利益設定をどうするか、商品管理システムや営業資料はどうするかなど、一つ一つ体制をつくるところから進めていきました。

そして現在、力を入れているのが、百貨店でのプロモーションと、地方の酒販チェーンやローカルスーパーの新規開拓です。百貨店では、季節によって贈答用をメインにするか、デイリー用をメインにするかなどラインナップを変え、プロの販売員さんによる試飲販売を主に行っています。ここでは私自身も店頭に立ち、お客様からのご質問やご意見を伺っています。いただいたご意見を品揃えに反映させることで実際に売上増につながり、商品をおすすめしたお客様が再来店して同じものを買ってくださったこともあり、やりがいを感じています。

地方での新規開拓についても、先日は福岡のローカルスーパーと新たに契約を結ぶことができました。フィラディスは商品選定の基準がしっかりしていてワインの品質も高いので、そこを丁寧にご説明することで好感を持っていただけることが多いです。

今後の抱負について

フィラディスのおいしいワインを
幅広い層に届けるために。

販路を開拓できても、実際の店舗で一般のお客様に商品を選んでもらうにはまた別の難しさがあります。ライバル商品がずらりと並ぶ中で、どうやって店頭で目を惹くか。そのために最近打ち出している企画が、“星付きレストラン企画”です。フィラディスのワインは星付きレストラン様に多数採用されているので、それを一覧にして小売店向けに展開しています。今後もアイデア次第でいろいろな企画ができると思いますし、POPなどの店頭資材も強化して、フィラディスならではの商品の魅力をもっとアピールしていきたいです。

小売向け営業をやっていて面白いのが、百貨店やスーパー、酒販店などお店によって求められるものや営業スタイルが変わってくること。おかげで自分の対応力も広がりましたし、消費者の方々からの反応を、より身近に感じられることも魅力です。

これからも販路を広げ、フィラディスのワインを全国のさまざまなお店で買えるようにしていきたい。ワインの選び方や楽しみ方も分かりやすく広めていきたい。そのために小売チームでできることはたくさんあると思いますし、それが会社の理念の実現にもつながると思っています。

 

ある日の仕事の流れ

  • 10:00出社、メール確認
  • 11:00出荷・顧客対応
  • 12:00提案資料・見積もり作成
  • 13:00昼食
  • 14:00訪問商談(百貨店)
  • 16:00訪問商談(酒屋)
  • 19:00日報
  • 19:30退勤

休日の過ごし方

街歩きが好きなので近所を散策したり、YouTubeでダンス動画を延々見たりしています。

最近は行けてないですが、美術館に行くのも好きなので、展示のスケジュールはチェックするようにしています。